RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
キーボードKORG-PS60 自前チャネルセッティングリスト作り
 「まだ先」、と思っていたライブも来週になりました。
ライブのセットリスト、あまり練習してないから今日明日はやらなきゃ=3

私がキーボードで参加しているバンドJukeBox
http://jukebox1960.web.fc2.com/
のライブを
● 7/28(日) 16:00〜  藤沢本町Claja 無料(飲食代のみ)
でやります。

・・・で、練習していないというのはキーボードのこと。
キーボードは、ピアノ、オルガン、ストリングス、ブラス系、シンセ系など
いろいろな音色を出すことが出来ますので、
キーボードという一つの楽器ではなく、複数の楽器を扱っているわけです。
それら楽器を使い分けバンドの色を彩るのですが、
今回音色の選定をこれまでと変えて、きちんとしようと
セットリスト作りから変更にかかりました。
これで何だかんだと、毎日2時間くらいかけて3日くらいかかりました。
そのセットリストがこの写真。
これをペタリとキーボードの上に貼っておくのです。





セットリストと言ってもそんなに沢山は覚え切れませんので、
自分の好みや曲想によって絞り込まなければなりません。
いわば1,000種類くらいの音の中から十数個の音を選ぶ、
言い換えれば900数十個の音を落とす作業です。

そしてその選んだ音を扱いやすいようにメモリーチャンネルに並べる作業を経て
やっと自分のキーボードの音が作れるのです。
つまりは自分の楽器が出来るわけです。





私が使っているKORG-PS60は4バンク×5チャンネルの20メモリーです。
買った当初は「えー!? 20個しかないの」と思いましたが、
私の腕では20個もあれば十分です。
ある程度基本セッティングしておけば、
その時々でそのチャンネルで音色切り替えが瞬時に出来るので、
20個が40個くらいにはなります。
音色はそんなに覚えきれないですので、これで十分。

さて、セッティングは完了。
後は練習。
実はそれが問題だったりして (^_^ゞ

author:あおいほし, category:楽器, 10:58
comments(0), -, pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 10:58
-, -, pookmark
Comment