RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
黒いベースギター → 木目調ツートンカラーにお色直し
先日購入した2本目のベースギターがやってきた。
カブト虫色かな?と思っていたら、予想に反し全身黒のやつでした。

まぁ真っ黒なカブト虫もいることはいるので、カブト虫色と言えない事も無いけど、
私が欲しかったのは黒い中に濃茶がある感じだったので、
ここは一念、「お色直しをしてやれ」と、DIYにGo!

買って来たのは木目調の壁紙。
早速ベースを分解して、ボディーだけにし、壁紙を四苦八苦しながら貼り付けました。
最初、全身を壁紙で貼ったけど、曲線部分に皺が出るのでいったん剥がし、
ツートンカラー風に中央部だけの着せ替えにすることにしました。






ネックが少し曲がっていたので、
 ・ネックの曲がり強制ボルト締め、
 ・弦高調整
 ・弦長調整(フレット音程調整)
 ・ピックアップの高さ(弦との距離)調整
などをおこなって、何とか使い物になるようにしました。

できた作品がこれ。










見栄えとしては、まぁまぁお気に入りの線に入ったかな。
しかしこのベース、○千円ドル袋
・・・にしては、満足わーい(嬉しい顔)





author:あおいほし, category:楽器, 17:01
comments(0), -, pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 17:01
-, -, pookmark
Comment