RSS | ATOM | SEARCH
Ibanez ASF180購入物語

Ibanez AG95の購入検討にからんで浮上してきたのが、Ibanez ASF180という薄型胴フルホローボディーギター、いわゆるセミアコスタイルのフルアコギター。

 

なかなか表現が難しいが、セミアコと言った場合、その代表的な形はギブソンのES-335のスタイルになる。ES-335はセンターブロックが芯としてボディー内に内蔵されているので、フルアコではなく、アコースティックとソリッドの中間と言う意味で、セミアコと呼ばれている。しかしいつの間にかセミアコはボディー構造を指す言葉ではなく、形(ES-335が代表)を指す言葉としても使われるようになった。

 

Gibson ES-335

 

 

Ibanez ASF180

 

 

 

上記のようにセミアコ型と言えば、なんとなく二つのギターが同じように見える。

しかしGibson ES-335はれっきとしたセミアコ(センターブロック在り)、Ibanez ASF180はフルアコ(センタブロック無しの正真正銘ボディー内が空洞のフルアコースティック=フルアコ)なのです。

 

こういったギターの元祖はクラシックギターやアコギ(フォークギター)にピックアップを付けてギターにした経緯があるので、エレキギターの中でもフルアコが元祖なのだが、胴が空洞だとハウリングが起きるという問題があり、それならということで、センターブロックが使われるようになった。しかし一般の角材を胴の中に設置するわけだから、重さが重たくなる、胴鳴りが弱くなる、という弱点が出てきた。近年では胴鳴りを抑えながらもソリッドギターとはまた違ったアコースティックのまろやかさも併せ持つギターとしてセミアコは人気を博している。

 

しかし、何せ重い。

私が持っているギブソンES-347(ES-335の上位機種)は4.5Kg程あって、ステージで30分以上抱えていると、老体には肩こりとして翌日ダメージを残す(;^ω^)

 

Gibson ES-347

 

 

よって、スタイルはES-335(ES-347)型、のフルアコを(も)探していた。

ギブソンであると、ES-330という機種があるが、これはP90というシングルコイルのピックアップが使われていて、ハンバッカーの音とは少し異なってくる。同じIbanezの機種でギブソンのES-330と類似モデルがASR70という型番で製造されていた時期がある。

 

Gibson ES-330

 

 

 

Ibanez ASR70

 

 

 

 

ハンバッカーのピックアップで、フルアコで、薄胴(セミアコスタイル)のものが無いか・・・ 

とES-347の重さに耐えかねて探していたところへ、AG95の検討過程の中から、ASF180という、

まさに求めていた機種が浮上したわけである。

説明が ながーーーーーーい!  m(_ _)m

 

 

メーカーIbanez(星野楽器)に聞いてみると、何とこのASF180、極々希少なギターらしい。

2012年秋から2015年初頭の約3年間くらいしか作られておらず、その総製作本数は100本に満たない、つまり数十本しか世の中に存在しないという事が分かった。しかもその製造は星野楽器からフジゲンに委託されて製作された、いわゆるメイドインジャパンの手工芸品という、上等品という事。

さにあらん、売り出し価格が240,000円(税別)という、メーカー販売の量産機のジャパンギターの価格帯では高級機の部類なのだ。おっと、量産機では無かった、手作り品(ハンドメイド)だった。

その仕様を下記する。

 

Ibanez ASF180 Hollow Body Electric Guitar Specifications

  • Finish: AV (Antique Violin)
  • Body: Maple top, back and sides
  • Body type: Full hollow structure with wood block embedded only directly below the bridge.
  • Body size & shape: depth: 43mm (1.69”) at tail, original AS shape.
  • Neck: 1-pc Mahogany set-in neck with volute
  • Fretboard: Ebony w/ Artstar Fret Edge Treatment & acrylic rectangle inlays. Ebony Fretboard provides tight response and smooth left-hand fingering, increased tone with excellent reproduction of nuances.
  • Bone nut – provides rich tone from low to high. (USA). Cattle bone nut – for a particularly natural BOX guitar with a little natural harshness. (JPN)
  • Scale: 24.7”
  • Fingerboard radius: 305mm (12”)
  • Neck 43mm wide at nut, 20mm thick at fret-1
  • Neck 57mm wide at last fret, 22mm thick at fret-21
  • Volute – Contributing to ensuring the strength of neck back volute finished with an elegant curve unique handicraft products
  • The headstock logo mark expresses the candlestick symbolizing the ARTSTAR series with pearl, the position mark adopts Acrylic Mother of Pearl Shell for ASF180. A simple yet regal design.
  • 2 Volume, 2 Tone, 3-way pickup switch, Tri-sound for neck pickup
  • Super 58 neck & bridge – with Alnico Magnet these have gained a reputation from professional musicians as a classic pickup of Ibanez Box guitars since the late 70’s. It has excellent sound emission and enough power that will not lose its presence even in the ensemble (JPN). The Super 58 pickups deliver the smooth, nuanced tones and the biting growl of blues (USA).
  • Aluminum foil shield – For reduced noise, the aluminum foil shield is applied to the pots, switches, jack.
  • Gold hardware
  • Gotoh SG381 machine head with the original shape peg button that is easy to grip with super precision & smooth feel.
  • Gotoh 510BN Bridge height adjustable with intonation for each string.
  • Tailpiece ASF Original – Both AF180 and ASF180 adopt the original design “trapeze style” tail piece.
  • Sure grip knob that combines ease of control and high visibility. A rubber grip is attached to the top of the knob on which numbering (graduation) has been applied to prevent slippage (JPN). The Sure Grip III knobs are designed for precise control with nonslip functionality, along with smooth and classic looks (USA).
  • Excessive decorations made as simple as possible, providing a style like a flagship medal, with stately designed decorations and parts encrusted with “a commitment”.
  • Multi-binding so you can sense that it is handcraft made without sparing detail on the headstock, fingerboard, body.
  • D ‘Addario strings – The AF180 adopts a flatwound string, and the ASF180 adopts a round wound string 010-046.
  • Hard case included

 

 

今年(2017年1月)ワシントン条約で、メイプル材やブビンガ材などの伐採禁止となって、次第にこういったメイプル材をトップやバックにふんだんに使って作られた手作りギターは、今後手に入らないという事にもなってくるわけである。

 

で、早速ネットをググってみると・・・

 

やっと1本のASF180を見つけた。

しかもそのASF180、Amazon、楽天、他著名な通販が同じ楽器店の同じギターを掲載しているではありませんか。

ということは日本中で今現在販売されているのはこの1本のみという事になるわけである。

今後出たとしてもヤフオクやメルカリなどの中古市場しかなく、当然新品は手に入らず、ということになり、何せ世界中に数十本しか存在しないわけだから、その中古市場にも出るかどうかわからないという希少品となる運命を背負ったギターなのである。

 

こりゃー手元に置いておかねば!!

ということで早速ASF180を販売しているそのお店に予約の電話☎。

その返す手で、ヤフオクに出ていたAG95をポチリ。ゲット!

 

と、二本のギターを本日めでたく?購入したわけである。

 

 

 

Ibanez ASF180 メーカーカタログサイト

http://www.ibanez.co.jp/news/f_products/2012/Artstar/

 

Ibanez AG95 メーカーカタログサイト

http://www.ibanez.co.jp/products/hb_detail_jp.php?year=2016&cat_id=7&series_id=52&data_id=12&color=CL01

 

 

 

 

 

author:あおいほし, category:楽器, 23:05
comments(0), -, pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 23:05
-, -, pookmark
Comment